初級1クラス · 今日のパリ塾ワンポイント・レッスン

正しく綴ろう!

2018-05-31のレッスンから

今回は宿題を添削している時につくづく思うことを一つ。

当たり前のことなのですが、最初にうちからしっかりと意識して覚えていかないと、のちに大変苦労することも…!

 

作文にしろ、ディクテにしろ、フランス語を書く際には、orthographe (綴り) にとにかく気を付けましょう〜

 

例えば、大したものでもないように見えるかもしれない accent (アクセント記号)。

la と là  (定冠詞 / そこ、あそこ)
ou と où (または、あるいは / どこに、どこへ)
tache と tâche (シミ、汚れ / 任務、タスク)

など、accent を付ける付けないでまーったく意味が違う言葉があることで分かるように、フランス語の書きの accent は、日本語の漢字の一部と同じくらい大事です!( 午 と 牛 、王 と 玉 … のように)。

pose と pause (設置、ポーズ / 休憩、息抜き)
mot と maux (言葉 / 痛み、悪)
cour と cours と court  (中庭 / 授業 / 走る)

のように、発音は同じでも綴りが違うため、意味も全然違う言葉もいくつもあります。
これまた漢字を使う日本人にはわかりやすいことですよね (木と気、台と題…のようにですね)。

Orthographe (綴り) はとても大切です。気を付けて下さいませ〜。

 

livre francais


MN

初級1クラス · 今日のパリ塾ワンポイント・レッスン

第2群規則動詞 (IR動詞)

2018-05-07のレッスンから

前にも見ましたが、フランス語の動詞は、第1群、第2群、第3群に分けられ、約90%が第1群規則動詞 (不定形の時の語尾が〜ERの動詞) に占められています。

 

今回は第2群動詞について授業で見ました。
第2群も規則動詞なので。語尾を1度頭に入れてしまえば活用は簡単です。しっかりと覚えましょう!

第1群と違い少し難しいのは、不定形 (infinitif) が〜IRで終わっていても第2群動詞ではないものも結構ある、という点がです。(ER動詞では例外は ALLER だけ)。

例えば、venir, dormir, partir, tenir 等は、語尾が~IRなのにも関わらず不規則動詞 (第3群) で、第2群動詞ではありません…。残念ながら、これは少しずつ覚えていくしかありません…

さて、では不定形が -IRで終わる第2群規則動詞にはどのような動詞があるのでしょうか?

続きを読む “第2群規則動詞 (IR動詞)”

初級1クラス · 今日のパリ塾ワンポイント・レッスン

準助動詞:vouloir, pouvoir, devoir

2017-11-13のレッスンから

今回の授業でみたことの一つ:

vouloir (=英 want),
pouvoir (=英 can),
devoir (=英 must)

を使っての文。

 

これらの準助動詞は、文にニュアンスを加えるのでとても便利。使いこなしたいものです。

例:

・Je veux aller aux toilettes. (私はトイレに行きたい)
・Je peux courir très vite. (私はとても速く走れる)
・Je dois faire les devoirs. (私は宿題をしなければならない)

上の例で注目して頂きたいのは、vouloirも pouvoirも devoirも、活用された形の後に、動詞の infinitif (不定形) が続いているということです。

例えば「食べる (manger)」だったら、以下のような使い方がされます。

je mange (私は食べる)
je veux manger (私は食べたい)
je peux manger (私は食べれる=食べることができる)
je dois manger (私は食べなくてはならない)

※ポイント:活用するのは準助動詞の方。続く動詞は不定形で!

 


MN

 

 

初級1クラス · 今日のパリ塾ワンポイント・レッスン

時間を尋ねよう!

2017-10-16のレッスンから
今回覚えたことの1つ:時間の尋ね方

(なんでも丁寧にする方法→お願いする時、尋ねる時、最後に魔法の言葉、s’il vous plaîtを!)alarm-alarm-clock-analog-280254

・Quelle heure est-il, s’il vous plaît ?

(Il est quelle heure, s’il vous plaît ? でもOK)
→今何時ですか?

・Vous avez l’heure, s’il vous plaît ?
→(直訳) 時間持ってますか?

・Vous pouvez me donner l’heure, s’il vous plaît ?
→(直訳) 時間をくれることはできますか?

そして時間を告げる時には、非人称の il を使います。

例:Il est 10 heure. →10時です。

さあ、外に出て、街ゆく人に時間を聞いてみましょう〜!


MN

 

初級1クラス · 今日のパリ塾ワンポイント・レッスン

語彙:les jours, les mois, les saisons

2017-10-09のレッスンから

語学を学んでゆくには基本的な語彙を増やしていくことがとてもとても大事です。

何度も聞き、何度も読み、毎日少しずつ語彙を増やしていきましょう〜!

Les jours de la semaine (曜日)

cafe-coffee-drink-6067lundi(月曜日)
mardi(火曜日)
mercredi(水曜日)
jeudi(木曜日)
vendredi(金曜日)
samedi(土曜日)
dimanche(日曜日)

Les mois de l’année (月)

agenda-calendar-dates-273153janvier(1月)
février(2月)
mars(3月)
avril(4月)
mai(5月)
juin(6月)
juillet(7月)
août(8月)
septembre(9月)
octobre(10月)
novembre(11月)
décembre(12月)

Les saisons (季節)

belarus-bloom-blossom-814760printemps(春)
été(夏)
automne(秋)
hiver(冬)

※ ポイント:曜日、月、季節、これらの言葉は全て男性名詞です。
例:le mercredi


MN

 

初級1クラス · 今日のパリ塾ワンポイント・レッスン

不規則動詞をいくつか…

2017-10-02のレッスンから

フランス語の不規則動詞は、その名の通り本当に何の規則もなく活用されます。

覚えるのは面倒ですが、何度も何度も繰り返し、お経のようにブツブツと唱えて覚えていくしかありません。

規則動詞よりも数的には断然少ないのですが、大事な動詞が多いので、確実に覚えていくようにしましょう!

初級1クラスでは、まずは使用頻度のとても高い、6つの不規則動詞から覚えていきます。

1.  être
〜である。英語のbe
IMG_3806

2.  avoir
持っている。英語のhave
IMG_3808
3.  aller
行く。英語のgo
IMG_3809
4.  pouvoir
〜できる。英語のcan

IMG_3810

5.  vouloir
〜したい。英語のwant
IMG_3811

6.  devoir
〜しなくてはならない。英語のmust
IMG_3812


MN

 

初級1クラス · 今日のパリ塾ワンポイント・レッスン

第1群規則動詞 (ER動詞)

2017-09-25のレッスンから

フランス語の動詞は、その活用の仕方によって第1群、第2群、第3群のどれかに分けられます。

一番最初に覚えておきたいのは活用が規則的で簡単な第1群の動詞。

またの名を「ER動詞」。不定形(不定詞、動詞の原形の事)の時の語尾が〜ERの動詞です。

ER動詞の現在形は確実に活用できるようになりましょう!なんと言ってもフランス語の動詞の約90%が第1群規則動詞なのですから…

ER動詞には例えばこのような動詞があります。

parler (話す)
aimer (好く、好む、愛する)
manger (食べる)
habiter (住む)

…全部すぐにでも使いたい動詞ですよね!語幹は変化せず、語尾のERが、現在形の活用では主語により次のように変化します:

je  (私)   〜e
tu (あなた)  〜es
il/elle(彼/彼女) 〜e
nous  (私達)  〜ons
vous  (あなた達/あなた)  〜ez
ils/elles (彼ら/彼女ら) 〜ent

不定形:

PARLER → ER は活用変化する語尾

PARL は変化しない語幹

je parle
tu parles
il/elle parle
nous parlons
vous parlez
ils/elles parlent

これだけはパーフェクトに頭に入れましょう〜

 


MN