大事な言葉:S’IL VOUS PLAÎT

今日のパリ塾ワンポイント・レッスン
2019-2-14のフランス語レッスンから

S’IL VOUS PLAÎT (=SVP):フランスで生活していく上で、Pardon, Merci や挨拶同様、円滑な人間関係のために欠かせない言葉です。[強いてカタカナで書くなら”スィルヴプレ”]

文の終わりにつけると、「お願いします / ください」の意味に。(ほぼ英語のPleaseと同じ)

例:

    • タクシーで → « 35, rue Saint-Roch, SVP. » (35, rue Saint-Rochまでお願いします)
    • カフェで → « Un café, SVP. » (コーヒー1つお願いします)
    • 店先やマルシェで → « 2 pommes, SVP. » (りんご2つください)
    • 何かを頼む時 → « Vous pouvez fermer la porte, SVP ? » (戸を閉めていただけますか)

呼びかけに。何かを頼みたい相手を呼ぶとき。(“Pardon !”とは違う点:頼みたい相手)

例:

 

カフェやレストランでお店の人を呼びたい時など

→ « S’il vous plaît (?) »
(
イントネーションは上げても上げなくてもOK) 日本語に訳すとしたら、「すみませーん」のような感じです。

“Bonjour”, “Au revoir”, “Merci” と”S’il vous plaît”。上手に使ってフランス生活を楽しみましょう!


MN

タイトルとURLをコピーしました