フランス今週の時事コラム

フランスの違法ディナーにみるルールの概念 Les restaurants clandestins

ここ数日、有名シェフを含めたセレブたちの違法ディナー疑惑が話題となっている。発端はM6チャンネルが隠しカメラを使い放送した違法食事会の潜入ルポ。コロナ禍でレストランが閉鎖を余儀なくされるなか、名のあるシェフによる一人数百ユーロのコースメニ...
フランス今週の時事コラム

ラ・コビッド♀?ル・コビッド♂?フランス人を悩ます性の問題 La Covid ou le Covid ?

COVID… この言葉を見るのも聞くのも「もうイヤ!」という心境でしょうが、しばしお付き合いを。 フランス語学習者なら誰しもが直面する煩わしい問題、それは単語の女性形・男性形。単語の正しい性を覚えるだけではなく、形容詞や動詞、代名詞...
フランス今週の時事コラム

コロナ変異ウィルスの呼び名、地名で正解?La dénomination des variants

🌞夏時間🌞 になったフランス。コロナ第3波を受け、パリ首都圏を含めた国の一部は先週より 中途半端なロックダウン に入っている。マクロン大統領と政府は高みの見物を決め込んだかのように、 気長に名ばかりロックダウンの「成果」を待っている。一...
フランス今週の時事コラム

ルイ14世とローマのプライド Polémique autour des chiffres romains

パリや周辺の県で3度目のロックダウン!?!アストラゼネカ・ワクチンの安全性は!?!←この2つの大きな話題の影に隠れた形で、実は今週、ヨーロッパならではの小論争が一つあった。 カルナヴァレ博物館(Musée Carnavalet)をご...
フランス今週の時事コラム

春:花粉とウィルスとコウノトリ Les pollens, le virus et les cigognes

コート、バッグ、財布、鍵とともに、すっかり外出時の必須アイテムと化したマスク。春が近づき花粉が飛び散るに連れ、ますます手放せなくなる人も多いだろう。 花粉にコロナウィルス、字にしただけでも泣けてきそうだが、相互作用のようなものはある...
フランス今週の時事コラム

フランスの春、テストの春、脱コロナの春?Concert test !

コンサート・テスト Concert test 、という言葉を聞いたことがあるだろうか。フランス読みだとコンセール・テスト、か。先月バシュロ文化大臣が提案した、フランスの文化活動再開への第一歩だ。 フランスに住むものにとっては、レス...
フランス今週の時事コラム

コロナ探知犬、希望の光?Les chiens renifleurs Covid

現在試験中の画期的なコロナ対策をご存知だろうか。 イル・ド・フランス地域圏(パリ首都圏)を後ろ盾に真剣に取り組まれているのがコロナウィルスを嗅ぎ分けるワンちゃんの訓練。権威あるメゾンアルフォール獣医学校のチームが手掛けるこのオペレー...
フランス今週の時事コラム

過去にコロナ感染、ワクチン接種は必要?

コロナ最前線の話題はなんといってもワクチン。ニュースチャンネルでは連日あーでもないこーでもないとワクチン接種のあれこれについて語られている。 最近では、ついにベラン保健大臣が、政府メンバーのトップバッターとしてアストラゼ...
フランス今週の時事コラム

フランス人とマスク Qui l’eût cru ?

本日より小中高の校内で「お手製マスク」の使用が禁止される。ウィルスをカットする性能が既製品よりも劣っているからだという。ついでながら、どのニュースチャンネルかは覚えていないが、この情報を伝えるアナウンサーが「パパ♂またはママ♀が縫ったマス...
フランス今週の時事コラム

見え隠れの再ロックダウンと学校閉鎖問題

「オオカミが出るぞ!」のごとく「再々ロックダウン発表間近!」と聞かされ続けた一週間。金曜の晩、ジャーナリストたちが にわかに騒ぎ始めた:「 今夜エリゼ宮(大統領府)から重大発表がある!」。 登場したのはカステックス首相。エリゼ宮から...
タイトルとURLをコピーしました