パリ市、新型コロナ検査無料に 健康保険無しも可 “se faire dépister”

パリ コロナPCR検査場 パリ暮らし
パリ市庁舎前、コロナ仮設検査場 2020年9月3日

8月31日より、新型コロナウイルスのPCR検査が無料になりました。フランスの健康保険証(Carte Vitale)を持っていない人も、医者の処方箋もアポも無しでどなたでも検査を受けられます。

「(ウイルスに感染しているかどうかを)検査する」事を、”se faire dépister”と言います。

なので、「私、(新型コロナの)検査に行くわ」は、”Je vais me faire dépister” となります。

新型コロナウイルスの検査は、”un dépistage du Coronavirus(Covid-19)”

“dépister”は、「追跡する、探り当てる」という意味の動詞で、検事局が「政治家の横領を追跡」するときに”dépister une malversation”と言います。

但し、大行列のため…忍耐が必要です。

また、フランスの健康保険証を持っている人は持参し、提示します。

パリ市の発表している、各区ごとのラボもしくは検査場(市役所などもあり)のリストや詳細はパリ市サイトにて

ちなみに、「症状のある方」は、検査場ではなく、「主治医に電話」し、処方箋をもらい優先的に検査を受けられます。

症状があるので陽性の確率が高く、直接人が集まる検査場に並ばれると感染が拡大する恐れがあるからです。

もし、万が一直接検査場にいかれる場合は、係員に「症状がある」旨を伝えると優先的に検査してもらえるようです。

Pariko

タイトルとURLをコピーしました