新型コロナウィルス感染拡大に伴う、パリ市内とその周辺(petite couronne)規制強化

パリ暮らし

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、パリ市内とその周辺(petite couronne)への規制が、強化されることとなりました。10月6日(火)から少なくとも2週間適用されます。

ー レストランは新たに規制が加わるが営業可能。一方でバーは閉鎖。
ー ショッピングモールやデパートも規制は強化されるがそのまま営業可。

ー 10人以上の公園など公の場所での集会は禁止。ただし、デモ、葬儀、市場、ガイドツアー、食物配布、など例外あり。

ー プール、体育館、多目的ホールも基本的には閉鎖だが、18歳未満の未成年の諸活動には解放の処置あり。
ー 遊戯施設(clubs de jeux)、ディスコ、ゲームセンター(salle de jeux)は閉鎖。
ー スポーツクラブ、フィットネスクラブも閉鎖継続。
ー 見本市 、展示場、会議施設、多目的施設なども閉鎖。
ー 野外での集まりは、1000人以下、または、通常収容人数の50%以下で1000人以下なら可。
ー 老人ホームは訪問は可だが、予約制、2名まで。

ー 大学生の講堂での講義は収容人数の50%まで。

ー 施設での集会、祝典などの集まりの禁止。

ー 劇場、映画館、美術館、商店など、上記に記載のないものには変更はない。

タイトルとURLをコピーしました