ご存知ですか?フランスで電動自転車購入に補助金 最高500ユーロ

パリで電動自転車に補助金 パリ暮らし

近年パリ市は市は自転車専用レーンをじゃんじゃん増やしていますが、ロックダウン解除の後、公共交通機関内の感染を警戒して、自転車での移動を一層奨励しています。その一環として、イル=ド=フランスおよびパリ市は、電動自転車の新規購入に補助金制度を設けいています。

実はこの制度、大気汚染の軽減を目的に、元々あったのですが、ここにきて大きく注目されています。

お天気が良いこともあり、メトロを避けて自転車での移動が増えています。コロナ禍でも繁盛したのは、自転車屋さんと自転車修理屋さんですね。

まずはパリ市に申請、最高400ユーロの補助金

さて、申請ですが、まず自分の住んでいる自治体(補助金があればに申請します。パリ市の場合400ユーロまでの補助金があるので、パリ市に申請します。

その後、イル=ド=フランスの補助金(最高500ユーロまで)との差額分100ユーロをイル=ド=フランスに申請します。

補助金がもらえるのは下記のケース:条件はパリ市、イル=ド=フランスも同じ

1)電動アシスト自転車新規購入 Vélos à assistance électrique neufs

2)荷台のついた電動アシスト又は電動アシストなしの自転車の新規購入 Vélos cargos avec ou sans assistance électrique neufs

3)普通の自転車を電動アシスト自転車に変換 Dispositifs permettant de transformer un vélo sans assistance électrique en vélo avec assistance

4)馬力の低い電動スクーターの新規購入 Deux-roues électriques de faible motorisation neufs

補助金: 購入金額の33%、最高で400ユーロまで。(イル=ド=フランスは購入金額の50%500ユーロまで)2)は最高600ユーロま

申請資格: パリ市への申請は、パリ市の住民 イル=ド=フランスへの申請はパリを含むイル=ド=フランスの住民

申請に必要な書類:

1)自転車がヨーロッパ規格 EN 14764 ou EN 15194 フランス規格 normes françaises R30-020のいずれかの認定を受けているという証明書(Une copie du certificat d’homologation ou certificat de conformité du vélo)

2)購入した自転車の支払済請求書(facture)2019年12月1日以降のもので、フランス語で書かれているもの。また、申請者の住所氏名が記載されていること。

2)住所証明(過去3ヶ月以内の、電気、インターネットの請求書(facture)、納税証明書、なければ、住所証明)

3)身分証明(カルトドセジュールのコピーかパスポートのコピー)

4)銀行口座番号  RIB

パリ市の申請の詳細はこちら。申請するには、まずパリ市のサイトに自分のアカウントを作成こちら

イル=ド=フランスへ差額を申請

イル=ド=フランスへ追加申請: 上記の書類に追加して、下記の書類が必要です。

パリ市(もしくは住んでいる自治体)の補助金を受領した証明書、却下された場合はその証明書。

(Le justificatif d’obtention ou de refus de l’aide financière locale à l’achat d’un vélo uniquement pour les personnes résidant dans des villes ou intercommunalités qui la proposent.)

また、イル=ド=フランスの申請の際、購入から3年間は転売しないことを義務付けています。

イル=ド=フランスの申請の詳細はこちら。申請するには、まずサイトに自分のアカウントを作成こちら

Pariko

タイトルとURLをコピーしました