効果的なシャドーイングとは?

shadowing 今日のパリ塾ワンポイント・レッスン

シャドーイングはフランス語のスピーキング力とリスニング力のアップ、そして発音の強化に特に効果のある素晴らしいトレーニング法です。

フランス語の「耳」「口」「脳」を作っていくのに役立ちます。
でも果たして皆さん、シャドーイングの正しい効果的なやり方
を理解実践していらっしゃいますでしょうか?

シャドーイングは、音声を聞きながら、ワンテンポ遅れながら同じことを真似して言う練習です。
考え込まず、間違えても気にせず、とにかく音を耳から口に通過させるような気持ちで行います。

フランス語がまだ初級〜中級くらいのレベルの方には、私は、スクリプトを見て、意味、文法、語彙などをしっかり把握し、音と意味のつながりを理解してからのシャドーイングを特にお勧めしています。

取り組む順序、シャドーイングまでの流れ

① まずはスクリプトを読み、理解し、意味を捉える。語彙、文法を意識する。

音のつらなり(リエゾン、アンシェヌマン)、読み方(読まれない語尾のeや子音、強く読まれている箇所や、読んでいる人の読み方の特徴など)、韻律=プロゾディー(リズム、イントネーション、アクセント)をチェック。

③ オーバーラッピング (スクリプトを見ながら同じ速さで読む)

④ シャドーイング

シャドーイングに挑戦:音声とスクリプト

まずは何度か音声を聞いてみます。

Au travail_cd41

*教材:Communication progressive débutant cd 41

スクリプト(transcription)

スクリプト(transcription):語彙、文法、意味チェック

スクリプト(transcription):プロゾディー、読み、音の連なり


最初は速く感じた音声が、最後にはそうでもなく聞こえたのではと思います。
シャドーイングは繰り返しも大事です。

何度もやり、フランス語習得にバッチリ役立てましょう〜

タイトルとURLをコピーしました