今年の Beaujolais Nouveaux (ボージョレ・ヌーボー)

ボジョレーヌーボー レストラン、料理、食に関するフランス語

皆さん、ワインはお好きですか?
やはりフランスはワインの国。せっかくフランスにいるのなら、美味しいワインも味わいたいですよね
!しかも毎年11月の第3木曜日に解禁されるボージョレ・ヌーボー、まさに季節の話題です 👍


大したワイン知識があるわけではない私ですが、周りの友達はなぜかワイン好きばかり。
そして残念なことになぜか私の周りのフランス人はあまりボージョレ・ヌーボーが好きではない人が多いです。多分ワインは上手に年を取っていればいるほど素晴らしい、という考え方のフランス人が多いからでしょうか…

Nouveau :「ヌーヴォー」=「新しい」という意味 (複数形で nouveaux)。 その名の通り、ボージョレ・ヌーボーはその年に収穫された葡萄を使った新酒。赤とロゼだけ。白はなし。

Beaujolais:「ボージョレ」は、パリからTGVで2時間ほど南の街、リヨン(Lyon)の北に広がるフランスの地方名。ボージョレ・ヌーボーはその地方で獲れた葡萄が使われたワイン。

さて、ではレストランやビストロ、バーなどで実際にボージョレ・ヌーボーを頼むためには?

ワインを注文するときには、まず量から始めます。(容器の種類で表現)
・Une bouteille ボトル
・Une demi-bouteille ハーフボトル
・Un pichet ピッチャー (銘柄等指定できないことが多い)
・Un verre グラス (銘柄等指定できないことが多い)

こう頼もう!:「量 (Une bouteilleなど) + de + ワインの種類または銘柄 , s’il vous plaît.」

例:
・Un verre de vin rouge, s’il vous plaît. (赤ワインをグラスでください。)
・Une bouteille de Beaujolais Nouveau, s’il vous plaît. (ボージョレ・ヌーボーをボトルでください。)

さて、2019年11月の第3木曜日は11月21日。
その日は街に繰り出しボージョレ・ヌーボーをフランス語で注文してみましょう!


MN

コメント

タイトルとURLをコピーしました