フランス語あれこれ

フランス今週の時事コラム

座席?椅子?ベンチ?フランス語の腰掛け表現色々… Siège, chaise, banc… quelle place ???

夏っ!フランスでも昨年に引き続き、外国人観光客のまばらな街角。新株のコロナウィルスもぶり返しているようで、暑いし、室内よりは外気に触れていたほうが安心~。さ、この木陰のベンチにでも腰をおろそうかな~。そんな場面も増えてくるバカンスシーズン...
フランス語のことわざ・慣用句

マクロン大統領も“してやられた” Je me suis fait avoir… ramassé !

今週、フランスでは大人のコロナワクチン接種人口が5割を超えたそうな。先々週あたりから接種のスピードはどんどん加速し、バカンス前に2回の接種を終わらせたいというフランス国民の意欲がめらめらと感じられる。 そんな波に乗るかのように、今週...
フランス今週の時事コラム

チラシ、フライヤー、パンフレット、紙類の呼び名いろいろ prospectus, brochure, flyer ? On s’y perd !

今週はこんなニュースから。縁のない人にとっては取るに足らない話題かもしれないが、スーパーの紙チラシ(un prospectus publicitaire)について。そう、今週の目玉商品やお買い得品がゴチャゴチャと載った赤色ベースの広告紙。...
フランス今週の時事コラム

ようやくコンサート・テスト、開催の意義は?Concert test, ça sert à quoi ?

4月にフランスで行われるはずだった「コンサート・テスト」という試みをご存知だろうか?少し前にスペインでも成功し話題となったイベントで、コロナ禍において総立ちのコンサートを行った場合に感染率がどう変動するかを確かめる試み。 フランスで...
フランス今週の時事コラム

カフェ、ブラッスリー、ビストロ… どう違う? Café, brasserie, bistrot

カフェやレストランが閉鎖されて早半年。今、フランスで誰もが待ちわびているのが飲食店テラスの再オープン。マクロン大統領が3月末、第3次ロックダウン発表の際に案内した通り、5月の中旬にテラスは徐々に再開される方向だ。 春になり、穏やかな...
フランス今週の時事コラム

ワクチン接種に至るまで。自力で漕ぎ着ける国、フランス。Se débrouiller !

臨機応変。聞き慣れた四字熟語だが、フランスに住むと常に求められる能力だなぁ~と実感するのでは?一般的には、フランスは先進国で、社会福祉も充実し、国民もハッピーに暮らしているイメージだと思う。確かにそのとおりなのだが… 一言でいえば ...
フランス今週の時事コラム

フランスの違法ディナーにみるルールの概念 Les restaurants clandestins

ここ数日、有名シェフを含めたセレブたちの違法ディナー疑惑が話題となっている。発端はM6チャンネルが隠しカメラを使い放送した違法食事会の潜入ルポ。コロナ禍でレストランが閉鎖を余儀なくされるなか、名のあるシェフによる一人数百ユーロのコースメニ...
フランス今週の時事コラム

ラ・コビッド♀?ル・コビッド♂?フランス人を悩ます性の問題 La Covid ou le Covid ?

COVID… この言葉を見るのも聞くのも「もうイヤ!」という心境でしょうが、しばしお付き合いを。 フランス語学習者なら誰しもが直面する煩わしい問題、それは単語の女性形・男性形。単語の正しい性を覚えるだけではなく、形容詞や動詞、代名詞...
フランス今週の時事コラム

コロナ変異ウィルスの呼び名、地名で正解?La dénomination des variants

🌞夏時間🌞 になったフランス。コロナ第3波を受け、パリ首都圏を含めた国の一部は先週より 中途半端なロックダウン に入っている。マクロン大統領と政府は高みの見物を決め込んだかのように、 気長に名ばかりロックダウンの「成果」を待っている。一...
フランス今週の時事コラム

ルイ14世とローマのプライド Polémique autour des chiffres romains

パリや周辺の県で3度目のロックダウン!?!アストラゼネカ・ワクチンの安全性は!?!←この2つの大きな話題の影に隠れた形で、実は今週、ヨーロッパならではの小論争が一つあった。 カルナヴァレ博物館(Musée Carnavalet)をご...
タイトルとURLをコピーしました